2009年07月25日

幸福実現党 大川隆法総裁講演会 ユーチューブ動画

「法と勇気と政治」 幸福実現党 総裁 大川隆法

<CO2削減と消費税> 自民党は消費税を7%、12%と段階的に上げると発表。また、麻生首相は記者会見で、 CO2を2005年と比べて15%削減すると発表したが、これはGDPを7%ぐらい押 し下げる効果があるそうである。つまり、消費税7%上げと、GDP7%下げを、同時に 発表している。赤字のスーパーに例えると、累積赤字が溜まってきているので、商品の値 段を7%上げると言っている。7%値段が上がったスーパーは、どうなるか・・・。誰が 聞いても明らかである。自民党は、増税したら、本当に税収が上がると思っているのだろ うか?




「未来への道」 幸福実現党 総裁 大川隆法

<政治家の気概> 宗教家は、損なことを平気でするので、はっきり言えば、バカだと思う。しかし、人が不 幸になるのを見ていられない! 不正を見て、黙って見ていられない! それが宗教家。キリスト教でも、「人のために、命を捨てるよりも、大きな愛はない」と 『聖書』の中で述べている。気概ななければ政治家になるべきでない。信念があったら、 自分が正しいと思うことを言い通すべきである。信念なき者は、この国を動かす資格はな い。常に、大義とは何であるか? を考え、勇気ある行動を取られることを望む。




「国家経済と人間の自由」 幸福実現党 総裁 大川隆法

<統制経済と言論の自由> 権力の側についている者は、権力を増大させたいという本能的な欲望から、国家は、肥大 化する傾向がある。国家が肥大化すると、戦時中のような、国家が経済を一元的に統制す る、統制経済が行われてくる。戦争時のような緊急時にはある程度しかたがないが、常時 こういう状態だと、言論の自由、宗教の自由、出版の自由など、あらゆる自由が奪われ、 国民が、非常に不幸な状態となる。




「この国の未来をデザインする」 幸福実現党 総裁 大川隆法

<憲法と国家の理念> 私は、幸福の科学で発信していることから、この国や世界の未来をデザインしたいと考え ている。第1歩は、この国の未来をデザインすること。やはり、機械を作るには設計図、 会社の経営では経営理念が必要であり、国にも国家の理念が必要。人間の生き方や『こう すべきだ』というもの、「いったい何をもって幸福とするか」というようなことが憲法が あり、国家の理念ができ、それから政治の方向性も決まってくる。人間を、魂を持った精 神的存在と考えるのであれば、人間を機械と見なし、この世的存在のみを目的とした国家 運営を考える憲法は、認めがたい。
 



「水平権力の時代」 幸福実現党 総裁 大川隆法

<水平権力とマルクス主義批判> 水平権力とは、一人一票の思想。政治参加が平等に開かれていて、身分の差がない状態。 そういう水平権力を常に持っておかないと、間違った革命思想に乗っ取られる可能性が高 い。マルクスは、貧困が政治的権力に転化することを発見し、搾取という言葉を思いつい た。「貧困は、他の悪い奴らが財産を搾取している」という発想。これは、一見民主主義 のように見えるが、ヨーロッパの伝統統治の中の自由でもある『財産の自由』を奪ってい る。また、歴史的に見て、貧困をテーマにした革命運動は、必ずテロになっている。大事 なことは、選挙で選ばれた文民による統治が行われること。



「政治経済学入門」 幸福実現党 総裁 大川隆法

<マルクス経済学と資本主義> マスコミのトップは、バブル叩きをしたが、マルクス主義の洗礼を受けていて、それが抜 けていない。株は、資本主義において当然のことで、どこで見限るかが重要。社会主義型 よりも、大勢の人が企業家精神を発揮して民主主義的にやった方が、結果的にうまくいく 。マルクス的な間違いは、フランス革命での理性万能主義から起こっている。ルソーなど の理性でもってコントロールするという傲慢なエリート主義が間違いの元。国家の機能は 増大しないように気をつける。マスコミの発言も、失政を指摘することが有効に働くこと もあるが、政府が肥大するような発言は必ずしも良くない。国富を増やしていくためには 、才覚あるものたちが、それぞれ知恵を絞るような社会をつくらないといけない。



【関連する記事】
posted by ちーひめ at 04:35| Comment(0) | 大川隆法総裁 ユーチューブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。